スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

スマホから考える世界と私たちのつながり@上智大学

みなさんこんにちは、DEARスタッフの小口です。
2018年1月16日に、上智大学にて「スマホから考える世界と私たちのつながり」というテーマでワークショップをしてきました。

参加者は、1998年前後に生まれた大学生。つまり物心ついた時から、そばにはガラケーではなくスマホがあった!という学生も多く(驚き!)、そんな学生と一緒に、スマホと世界がどのようにつながっているかを考えました。


まずは携帯電話、スマホの進化を4コマ漫画を使いながら確認しました。
日本初の携帯電話「ショルダーフォン」が登場したのは、1985年。「当時は本当にお金持ちしか買えない代物だった」という田中先生のエピソードもありつつ、なぜものすごく大きく重い&電話機能しかなかった「ショルダーフォン」が小さくて軽い&たくさんの機能がある「スマートフォン」になったのか、を皆で考えました。

キーワードは、スマホの部品につかわれているたくさんの鉱物
クイズを交えつつ、スマホの部品にはたくさんの鉱物が使われていること、鉱物は世界中から運ばれてくること、部品になり、組み立てられ、スマホになる過程で何度も国境を超えることを伝えると、驚いている学生も多いようでした。

続いて、そんな鉱物の中でもスマホに必須のタンタルやタングステンが多く採掘されている、コンゴ民主共和国ではどのようなことが起きているのかを知るため、「スマホの真実」(PARC制作)というDVDを見ました。


鉱物を資金源として続く紛争のこと、その被害者となった人々や動物たちのこと、その後、紛争鉱物取引規制ができたこと等、スマホに使われている鉱物を取り巻く状況について、初めて知った学生もたくさんいました。一方で、ルワンダで起きたジェノサイドをきっかけにコンゴの紛争鉱物について学んだことのある学生もいました。

その後の話し合いでは色々な観点からの意見が出ました。
自分たちにとってはスマホは生活必需品だけど、コンゴの人たちにとってスマホは悲しみをもたらすものだと思った。何度も国境を超えたりするために、部品に使われている鉱物が紛争鉱物でないと証明することが難しいとしている企業も多いようだが、企業にはその責任があると思う。募金など普段の生活プラスアルファでの支援ではなく、自分たちが使っているものにフェアな調達方法を求めるという観点は大切だと思う。 最後に、スマホを取り巻くさ…

最新の投稿

GIRLS UNLIMITED PROGRAM 第4回「Believe in yourself and others(人をつなぐ・つながる)」

3か月間のボランティアを終えて

『基本アクティビティ集1-世界とのつながり』を体験&応用してみた!

スマホから見える「世界」にはなにが!?-フリースペース「えん」2017年度第4回

GIRLS UNLIMITED PROGRAM 第3回「Never give up(あきらめない)」

FUNIさんとラップを作ろう!フリースペース「えん」2017年度第3回

大学1年生と「難民問題を考えてみよう」ワークショップ

「日本の難民の現状を知る」ワークショップ