2015年5月22日金曜日

世界教育フォーラム(WEF)in 仁川 報告6

本会合3日目

昨日の午後の全体会で、女性が出した課題提起は、KoFID(韓国の国際協力NGOのネットワーク)として国連に抗議文を出すことになったようです。同時に、韓国市民社会が準備に関わったにもかかわらず、本会議への席が非常に限られていたことに対しても声明を出すそうです。日本の市民社会としても応援したいと思います。

午前中は分科会で、「国際的地域的コーディネーション、モニタリングのメカニズム」に参加しました。ポスト2015の教育目標は、公正な教育、質の高い教育、包摂性、生涯学習などが含まれているため、今までのEFA(万人のための教育)よりも、その計画、実施、モニタリングは課題が多いと思われます。世界各地域の政府、国連関係者からは、以下のような課題があがりました。

  • 政府が学校を超えたデータを集めることが難しい。
  • 省庁間の連携が足りない(外務省、文部省だけでなく、厚生省、環境省、防衛省、総務省など様々な省庁が関わる必要がある)。
  • もっとも疎外されている人々へのアクセスが難しい。
  • 先住民族の文化なども考える必要がある。
  • 民間企業の影響力は大きくなっているが、そのデータが集められない、などなど。
ダカールの行動枠組みは、トップダウンで作られたものでしたが、今回の枠組みは、市民社会が参加して作っていることが評価され、政府と市民社会の対話が不可欠であることが強調されました。さらに、行動計画の作成、実施、モニタリングは各国、各地域の文脈にあわせて行う必要があるが、同時にグローバルな枠組みも必要であることが確認されました。

全体会「ポスト2015の持続可能な開発に貢献するには」

その後、行われた全体会のタイトルは「ポスト2015の持続可能な開発に貢献するには」で、国連アドバイザーのモハメド氏が司会をしました。コートジボアールの文部大臣は、HIVやリプロダクツヘルス、エボラ熱などについても正確な情報を得て、健康のための教育をしていくことが重要で、そのためには、保健省など様々な省庁間の連携が必要であることを強調。

クック諸島の財務大臣は、気候変動についての科学的な教育が必要なことを訴えました。ブラジルの文部大臣は、教育が貧困解消に貢献していることを話し、もっとも貧困の状態に置かれている人へのアクセスを重視したいと話しました。

会場からは、財政の問題だけでなく、それを利用、配分する各国政府の責任が大きいのでは、との意見に拍手が。また、視覚障碍の方(ネパール出身で現在筑波大学にいる方でした)から、障碍者への教育を重視するべき、障碍者が10年学校に行くことができれば、貧困から抜け出す確率が飛躍的に上がること、障碍者はチャリティの対象ではなく、投資の対象としてみるべき。と訴えました。

休憩は外の空気を!

宣言文の採択へ

昼食を挟んだ全体会では「教育2030 行動枠組みへの合意と最終宣言文の採択」と題し、いよいよ、成果文書としてポスト2015の教育目標の方針を定めた「仁川宣言」の採択に向けて議論しました。お昼前に、最終的な宣言案が出され、それについて議論します。この最終段階では、各国政府しか意見が言えません

各国政府からは、「宣言文の実施の責任は政府にある」という文章について、各国政府の状況を配慮するべきであることや、国内予算の配分についても書かれている数値には縛られないことなどが挙げられました。「この宣言文を批准することが国内の政策を変えることにはならない」と言い放ったアメリカに対して、会場はあきれた様子でした。しかしながら、小さな修正で宣言文は採択されました

最終文書を見ると、準備会やNGOフォーラムで市民社会が訴えてきたことが追加されていて、声を挙げていた人々の顔が浮かびました。例えば、以下のことです。

  • 生涯学習の強調
  • 包摂性、公正さの項目の具体化 アクセス、参加の平等
  • 教育政策の変容の必要性
  • もっとも不利な立場にある障碍者への教育
  • ジェンダー平等(独立した一つの項目に!)
  • 教員、指導者のエンパワメント
  • 人権教育の強調
  • 亡命者や難民などを含む、暴力や攻撃、紛争下の人々のニーズに対応する教育
  • 紛争時、緊急時、紛争後の復興における教育の責任を国、地域、国際レベルで担うこと

プロセスへの市民社会の参加

今回の宣言文作成の草稿委員には、市民社会が参加しリードしてきました。そのプロセスは、対話、交渉を通して、とても大変なものだったと思います。DEARもこのプロセスを通して、意見を出すことが出来ましたし、それぞれの意見をまとめていく過程が民主的で学ぶことが多かったです。

今後はこの行動枠組みを考えていくのですが、国際的な動きを受けて、各国でどのように進めていくか、そのプロセスこそが重要になってくると思います。今回の会議に参加する機会を頂けたことを感謝します。

夜は、ASPBAEの会長のロビーさんの誕生会をASPBAEやほかのNGOのスタッフと祝いました。みなさんお疲れ様でした!
会合の後ねぎらい合うNGOのメンバー
ロビーさんの誕生日会
(5/21 中村)

▼5月30日(土)には、「これからのESD・地球市民性教育~『世界教育フォーラム2015』報告会」を開催します。
http://www.dear.or.jp/getinvolved/e150530.html


2015年5月21日木曜日

世界教育フォーラム(WEF)in 仁川 報告5


本会合2日目

午前中の全体会では、各国の政府が、15年の成果と今後の展望を話しました。日本も、前川喜平文部審議官が日本のEFAへの貢献の成果と、ESDの重要性、そして、今年中に新しい援助政策を市民社会や企業とともに検討していくことを話されました。

それぞれ3分ずつのリレートークのようになっていて、簡潔に報告されていましたが、アラブ連盟の方の「アラブ社会の多くの子どもたちが危険を感じながら、教育を受けている。この15年で状況はかなり変わってきている。ポスト2015の行動枠組みには、非常事態における教育について考えていかないといけない」とという発言が印象に残りました。


分科会「質の高い教育を重視した生涯学習」

その後の分科会では、「質の高い教育を重視した生涯学習」に参加しました。グローバル・モニタリング・レポート(GMR)によると、25千万の子どもたちが基礎的な力をつけておらず、2億人の若者が、必要な技術を身につけずに学校を去るとレポートされています。

教育の質については、その社会の文脈・個人の文脈に合ったものであること、そのためにも、環境の整備や教員養成はもっとも重要であること、が話されました。特に印象に残ったのは、政府やユネスコ関係者に混じって登壇した、ウガンダの教員の発言でした。

  • 教育は何のためなのか?経済発展のためでなく、個人の可能性を伸ばし、コミュニティに役立つ力をつけていくことではないか。
  • 何のために、教育が必要なのか、そのための読み書きを学ぶことでないと意味がない。
  • 評価、アセスメントも何のためなのか。ウガンダでは、資金提供者(ドナー)のニーズに沿ってアセスメントをしている。
  • 世界の生徒の半分は、先生の話す言葉を母語としていないことについては、母語の問題は私立の学校では支援ができるので、良い結果が出てるが、公立では問題である。そこに大きな格差がある。
  • 進歩ばかりをもとめていくのは問題である。先生と子どもの声を聴いていくことが必要である。
現場を知っている教員の、説得力のある言葉でした。

ESD/GCEDの分科会「平和で持続可能な社会に向けた教育と学び」

午後は、「平和で持続可能な社会に向けた教育と学び」というESD/GCEDの分科会に参加しました。登壇者は、文部科学審議官の前川さんや、ガーナの文部大臣、ブラジルの教員で組合の次長、オーストラリアのユース代表など。ユネスコのディレクターのチョイさんが司会でした。

※ESD=Education for Sustainable Development/持続可能な開発のための教育
※GCED=Global Citizenship EDucation/地球市民性教育

そこでは、「なぜ、新しい教育目標にはESD/GCEDが入ったのか」「ESD/GCEDは生徒に批判的な思考などの力をつけていくが、それは政策策定者にとっては問題なのではないか」「連帯のための教育と、競争のための教育は両立するのか」などの質問をしました。

ESD/GCEDの必要性については、災害や紛争などの問題がますます深刻になり、市民性や民主的社会参加がますます重要になっていること等が挙げられ、政策策定については、民主的なプロセスの重要性、若者の声を聴いていくことの重要性などが話されました。

「きれいな言葉」が並んでいたので、「どのように、ESD/GCEDを進めるのか」「そのプロセスを市民社会とつくること、地域が主体となって教育を進めることについてどう思うか」を質問しましたが、それについては回答を得られませんでした。「絵に描いた餅」にしないように、具体的な行動計画を作ることが重要だと思います。


全体会での象徴的な事件

最後の全体会では、今回の会議で感じていた違和感を象徴した事件がありました。

「開発をすすめる教育~韓国の事例から」と題し、ジェフリーサックス氏が司会となり、世界銀行や、各国の大臣が登壇。実は私は少し早く会場を出て、その場にはいなかったのですが、後から聞いた話によると、全体会の最中にずっと手を挙げていた韓国のNGOの女性スタッフがいたそうです。しかし、既に時間が過ぎていて、質問の時間はない。それでも、彼女はマイクを使い「ここには、聞かれていない声がある」「壇上には男性しかいなく、女性の声は反映されていない。自分たちには声を発する機会ももらえていない」と、発言しかし、マイクは途中で強制的に切られ、彼女はマイクなしで発言を続けたそうです。今回の会議で韓国政府の代表は60人もいるのに、韓国NGOの代表は6人だけ。彼女はそのうちの一人だった

唯一良かったことは、会場からは喝采が起き、セッションが終わった後、メディアは彼女のもとへ集まったとそう。今回の会議、そして、社会の構造的な問題を象徴しているように見えます。せめて、壇上の一人が、彼女を擁護する発言が出来たらよかったのに‥。そもそも、発言者を考える時になぜ、ジェンダー平等が考慮されていなかったのか。参加や開発を考えるうえで、重要な課題提起となる出来事でした
韓国のNGOスタッフと
5/20 中村)

2015年5月20日水曜日

世界教育フォーラム(WEF) in 仁川 報告4


NGOフォーラム2日目

昨日の議論を受け、NGOフォーラム宣言文の起草委員会は、朝の3時まで作業をしたそうです。全体で出された宣言案をもう一度、検討していきます。会場からはギリギリまで意見が出て、言葉を確認し、何とか合意しました。WEFの宣言案と行動枠組案みに足りない部分をNGOとして提案しています。特に、資金のこと、生涯学習や幼児教育の強調、教育の民営化を止めること、多様な社会的排除を防ぐことが、盛り込まれました。この宣言文を使って、各国政府や、キーパーソンに働きかけていきます。


NGOフォーラムの最後に、ユネスコ事務総長のイリナ・ボコバ氏と、ノーベル平和賞受賞者のカイラシュ・サティヤルティ氏のあいさつがありました。カイラシュさんは、市民社会のメンバーとしてNGOの知識と経験、情熱を支持し、ノーベル平和賞は、カイラシュさんとマララさんだけのものではなく、世界中の排除された子どもたちと、その子どもたちのために活動している市民社会のものだ、と励ましてくれました。二人は引き続き、本会合の開会式でも登壇しました。 

午後からの本会合

世界各国から約1,200人が参加しているそうです。開会式には、上記2人の他に、朴槿惠大統領、潘基文国連総長、ジム・ヨン・キム世銀総裁、などが参加。厳戒態勢でした。

入口には高校生をはじめ、プラカードを持って訴えている人がいました。どうやら、テストをなくすこと、授業料の撤廃などを訴えていたそうです。ちなみに、韓国は日本と並ぶ大学業料の高さで知られていましたが、市民の反対で大学授業料は半減され、学生はアルバイトの時間が減り、勉強の時間が増えたとの報告があります。日本も見習いたいですね。一方、テストでの評価や受験戦争の厳しさは変わらないようです。


開会式のスピーチでは、やはり、具体的に貧困や反児童労働の運動に関わってきたカイラシュさんの言葉が一番心に響きました。軍事費を教育費へのくだりは、納得。ぜひ、使わせてもらおうと思いました。

  • 子どもたちは一人ずつ異なるから、それぞれに必要な教育を用意するべき。
  • 教育を受けられない理由もさまざまであるから、地域、国、国際、すべてのレベルで教育アジェンダをすすめないといけない。
  • GNP6%、公共支出の20%を教育に、ODA10%を基礎教育に支出することは必要であり、現実的である。
  • 教育こそが、若者を過激主義から防ぐ(defend)有効な手段である。だから防衛費(Defence Expenditure)を教育費に回すべきだ。 
  • 民間企業は公教育に出資するべきだ。
  • そして、15年後に、みんなで目標の達成を祝いましょう。
スピーチするカイラシュ・さん
その後、ハイレベルパネルでは、「EFAグローバルモニタリングレポート2015」を用いて、EFAの成果を振り返った後、ペルーやマダガスカル、ガーナの文部大臣と、ジェフリー・サックス氏、ノーベル経済賞受賞者のジェームス・ハックマン氏、Global Partnership for Education の理事長、Global Campaign for Education の代表など、10名が登壇し、ポスト2015の教育のあり方について議論しました。

テーマは資金や教育の質、パートナーシップ、評価など多岐にわたりました。会場とのやり取りが全くなかったのは残念でしたが、明日からの宣言文についての議論や、分科会の議論は、参加型ですすむことを祈っています。

夜は、韓国政府によるレセプションディナー。参加者間の交流をしつつ、教育談義に花が咲きました。
モンゴルのNGOスタッフと
5/19 中村)

2015年5月19日火曜日

世界教育フォーラム(WEF)in 仁川 報告3

今日からNGOフォーラム」が始まりました。
NGOの知識と経験を活かし、19日の午後から行われるWEFの議論に効果的に関わる戦略づくりが目的です。世界各国から、約250名の、NGO、教育者、研究者、国際組織などが集いました。


午前中は、セネガルの元文部大臣のママドウさんの基調講演が印象に残りました。彼は、15年前のダカールのWEFが開催された当時の文部大臣です。主に、以下のことが話されました。

  • 万人のための教育(EFA)が達成されなかったのは、なぜなのか、考えてほしい。
  • 世界で行なわれている教育政策は、ずっと前からあるもので、エリートによってつくられたもので、構造的に排除される人をつくっている。万人のための教育の達成のために、私たちはその既存のシステムを変えてきたのか?
  • 基礎教育の定義も見直さないといけない。基礎教育は読み書きそろばんだけでなく、もっと本質的なものであるべき。市民性の理解、持続可能性の理解、そして、21世紀を生きるための基礎となるものであるべきである。
  • 人々の人権を守ることがNGOの役割である。万人が教育を受けることは、国際社会、国、地域、NGO、すべての大人の責任である。それが、守られていないのは国際社会の責任である。
  • 誰も置き去りにされてはいけない。教育が他の権利の扉を開く。
一つ一つの言葉に力があり、心に残りました。

ママドウ元文部大臣(左)とパリでも一緒だったセネガルのNGOスタッフ、シェイク(右)
ランチタイム
ランチの後は、分科会で、NGOフォーラムの宣言文や、WEFの宣言案などを、議論しました。分科会は言語で分かれ、私は、アラビア語の分科会に行きました。もちろん、英語の通訳があります。

そこでは、まず、NGOフォーラムの宣言文がアラビア語になっていないことで、参加者が内容をほとんど理解できていないことが分かりました。

アラビア語で彼/彼女の多くが指摘したことは、紛争地の教育について。起きる前に予防するための教育が必要。紛争後の方が大変で、復興や再構築の際に、軍ではなく市民がすすめるシステムをつくること、難民や移民の教育、軍事政権下でも教育を守ること、政府を監視すること、教師や生徒を暴力から守ること、などなど。具体的な提案に、納得するとともに、聞いているだけで胸が痛くなりました。

さらに、言葉について、インクルーシブ、公正、質の高さ、それぞれの意味が問題になります。パレスチナのNGOの人は、そもそも、国がないので、市民性という言葉はぴんと来ないと、言っていました。

混沌のような状態でしたが、みなさん言いたいことは言えたようでした。国際会議ではいつも感じるのですが、「インクルーシブ」や「参加」を考える会議の中で参加者を排除していないか、本当に教育が必要な人の声は聴けているのか、改めて考えました。

全体会で、それぞれの提案を共有し、草案委員会が、練り直し、宣言案が明日の朝、出る予定です。他の分科会でも言葉の定義の問題は出てきたようで、これは宣言文や行動計画を日本に持ってきたときも、同じように問題になるだろうと思いました。でも、そこから、自分の地域にとっての意味を考えてもよいのでは、と思いました。

ポスターセッションの後、レセプションがあり、国際NGO、プランで活動するパキスタンと韓国の少女のスピーチがありました。

  • パキスタンの14歳の少女の言葉:「教育を受けることで、自分が変わり、周りも変わっていく。自分の村の子どもたちに教育を受けてほしい」
  • 韓国の高校生の言葉:「学ぶプロセスで気づいていくことが多かった。教育は、結果よりプロセスが重要だと気づいた」

力強いスピーチに、参加者は引き込まれ、そして勇気づけられました。
5/19 中村)

2015年5月18日月曜日

世界教育フォーラム(WEF) in 仁川 報告2

今日は、世界教育フォーラム(WEF)に先立って、ASPBAE(アジア南太平洋基礎・成人教育協議会)メンバーの準備会合がありました。アジア、太平洋地域の20か国から、約50人の市民社会のメンバーが集まりました。

世界教育フォーラムでは、次の5つが重要なテーマとして挙げられています。①教育の権利(Rights to Education)、②教育の公正さ(Equity ofEducation)、③インクルーシブ教育(Inclusive Education)、④質の高い教育(Quality Education)、⑤生涯学習(Lifelonglearning)

これらのキーワードを、例えば、日本の教育で考えた時に、どんな課題が見えてくるでしょうか?ポスト2015の教育目標は、まさに、今の教育のあり方を見直し、再方向付けするチャンスでもあるような気がします。

午前中は、各国の政策提言の状況や、会議に政府代表は誰が参加するのか、政府はどのような方針か、などを共有しました。ミャンマーでは、政府の国家教育法に抗議する学生デモが行われ、70名以上が逮捕、刑務所に入れられているとの報告もありました。国内の統制があるなかで教育の権利や公正さはどのように進めていけばよいのでしょう。

今回のホスト国の韓国では、受験戦争が厳しく、PISAの成績などは上がっているが、教育の質が問われているということでした。日本にもあてはまる課題です。

発表する三宅さん
ASPBAE会長のロビーさん
ASPBAE理事としてあいさつをする上條さん
その後、ポスト2015のプロセスのブリーフィングがあり、午後は、各地域に分かれて、「行動枠組み」について議論しました。最後は、世界教育フォーラムでの、具体的な動き方を共有。伝えたいことはA4、1枚に簡潔にまとめ、とにかくばらまく。全体会で手を挙げて発言して正式な記録に残す。ODAが必要だと、ODAを受けている国が声に出す。分科会などで政府代表や草案委員会の人に直接訴えるなどなど。一種ゲームのような感覚で、みんな楽しそうです。なにより、新しい教育目標をよりよいものにし、それを実現したい、という強い思いを感じました。
 
会議場周辺は、経済特区の近未来的な場所です
明日からNGOフォーラムです!5/18 中村)

2015年5月17日日曜日

世界教育フォーラム(WEF)in 仁川 報告1

2015年から2030年の世界共通の教育の目標を決める「世界教育フォーラム」に参加するため、韓国、仁川に来ています。今回の会議のプロセスを見て、強く感じたのが、市民社会の存在感です。

その背景には、2000年にセネガル、ダカールで開催された世界教育フォーラム(WEF)の「ダカール行動枠組み~万人のための教育:我々の共同の公約を果たす(Dakar Framework for Action- Education for All: Meeting ourcollective Commitments)」 があります。そこで、万人のための教育(EFA)の達成には、現状を知り経験豊富な市民社会の参加が不可欠であることが議論され、ダカール行動枠組みの戦略の一つに、教育開発の戦略の計画、決定、実施、評価すべてのプロセスへの市民社会の参加と従事が強調されました。

特に、市民社会の社会的政治的役割が重視されており、政府が決定したものに対して意見を言うという限られた役割ではなく、定期的な対話を通して、市民社会、つまり学習者、教育者、保護者、コミュニティ、NGOなどが、教育の政策から実施、評価まで、最初から最後まで、関わっていくことが必要だと述べられています。そのために各国政府には市民社会との対話の場や仕組みを作ることを求めています。

ダカールから15年後の今回の会議で議論される宣言文や行動枠組みの中でも、「市民社会が教育の政策から評価まで関わる」ということは、強調されています。新しい教育目標は、途上国も先進国も含めたすべての国において、共通の教育目標になります。日本の教育への市民社会のかかわりは、まだ限られたものでしかないと思っています。今回の会議で、教育政策策定のプロセスに、市民社会がどのように関われるのか、ヒントを得てきたいと思います。

仁川の中心地から少し離れたホテルにいます。その周りを歩いて、 ホテルの周りを歩いて、坂の上からWEFの会場がある方向を見ました。
明日は、ASPBAEの準備会合です。
(2015.05.16 中村)