2015年10月28日水曜日

フリースペース「えん」でワークショップ2015年度   第2回「カチカチ山」

こんにちは!事務局の星です。
9月11日(金)にフリースペース「えん」でワークショップを行いました。
※第1回目の様子はこちら

今回のテーマは「正義」です。ある昔話に出てくる「かたき討ち」について話し合ってもらおうと考えました。

その昔話とは、『カチカチ山』です!
日本各地に伝わる物語で、お世話になっているおばあさんをタヌキに殺され、ウサギがかたきを討つというお話です。調べてみると、古くから伝わるものには、おばあさんを食べてしまうなどの残酷なシーンがあるようですが・・・。
手作り「カチカチ山」のパズル
まず、子どもたちに7枚の絵をパズルのピースにしたものを配ります。
結構、難しく作ったつもりだったのですが、簡単だったようで、あっという間に完成してしまいました。「あ、知ってるこの話、カチカチ山でしょ~」とお話を説明してくれた子もいました。

子どもたちにお話ししたカチカチ山のあらすじはこちらです。
  1. 昔、ある所におじいさんとおばあさんが、仲良く暮らしていました。おじいさんは毎朝、暗いうちから山の畑で働いていましたが、タヌキがやって来て畑の物を食べてしまうので、二人は嘆いていました。
  2. ある日、おじいさんとおばあさんは仕事へ行きました。そこへ、留守を知ったタヌキがやってきました。お腹の空いたタヌキは台所へ行くと、食べものを漁り始めました。そこへ、おばあさんが洗濯を終えて帰ってきました。
  3. タヌキは慌てて逃げ出そうとしましたが、おばあさんに捕まってしまいそうです。タヌキは、棒でおばあさんを叩いて、逃げました。
  4. しばらくして、ウサギがやって来ました。倒れているおばあさんを見つけて、ウサギは泣きました。そして、タヌキの仕業に違いないと、かたき討ちを決心しました。
  5. いく日か過ぎました。ウサギはタヌキを呼び出して、かやを刈りに山へ行こうと誘いました。タヌキがかやを背負って歩いていると、ウサギは火打石を取り出して、火を起こし始めました。タヌキはカチカチと聞こえる音を不思議に思います。ウサギは「ここはカチカチ山だから、カチカチ鳥が鳴いているのさ」と教えました。ウサギがかやに火をつけると、かやはボウボウ燃え始めました。ウサギは「ここはボウボウ山だから、ボウボウ鳥が鳴いているのさ」と教えました。かやの火がいよいよ大きくなり、タヌキはそこらじゅう逃げ回りました。
  6. 数日後、背中に大火傷を負ったタヌキをウサギが見舞いにやってきました。ウサギは薬の代わりに唐辛子味噌を塗りました。タヌキは痛さにもがき、もっと具合が悪くなってしまいました。
  7. 今度は、ウサギはタヌキを魚釣りに誘い、池へ連れ出しました。ウサギは木の舟に乗り、タヌキは泥でできた舟に乗りました。池の真ん中まで漕ぐと、泥の舟は溶け出してタヌキは池の中へ落ちてしまいました。こうして、ウサギはおばあさんのかたきを討ったのでした。
パズルを完成させ、みんなでお話を聞きます。
このあらすじを読んで、皆さんはどんなことを思いますか?
子どもたちは口ぐちに感じたことを言います。
「ウサギ、可愛そう~」
「いや、ウサギひどいでしょ」
「タヌキに仕返ししたって、しょーがなくね?」
「でも、仕返ししたい気持ちはわかる」
「そもそも、タヌキは食べるものがなくて困ってて、盗んだんじゃない?」

「カチカチ山」という昔話から、こんなにも深い議論が行われました。
今日話し合いたいことが、導入として用意したパズルから、すでに話されていました。すごいなぁ…。
タヌキとウサギの行動や心境について思いを巡らせます。
14:46になりました。
今日で、東日本大震災から4年半が経ちました
みんなで広場へ出て、「ふるさと」を合唱しました。あの日を忘れないように、非常食を食べたり、震災時の記憶をみんなで共有しながら、休憩をとりました。

後半は、ビデオです。
今日は『NHK for School』で配信されている『昔話法廷』シリーズの「『カチカチ山』裁判」を使いました。
動画はこちらから→http://www.nhk.or.jp/sougou/houtei/?das_id=D0005180221_00000
被告人であるウサギはタヌキを殺そうとした罪に問われており、執行猶予を認めるかどうかが審議されます。
タヌキやおじいさんも呼ばれ、検察や弁護人から証人尋問がなされます。
子どもたちは、最初は着ぐるみのウサギやタヌキに笑っていましたが、だんだんと真剣に見始め、気持ちが揺れているのが分かりました。
映像の中で、結論(判決)は出ません。

自分の家族に暴力をふるわれたら?
子どもたちに質問してみました。

「やり返す」
「人による」
「でも、やり直したら相手と同じレベルになるじゃん」
「でもやり返したくなる…」

もしウサギに、タヌキのかたき討ちを手伝ってほしい、と頼まれたら?
とも聞いてみました。

「えー。ウサギに付いていくけど、自分は手は下さない」
子どもたちは、ジレンマを感じているようです。

また、「ウサギの気持ちはよく分かる。タヌキを殺すつもりはなかったのでは?」「タヌキも盗みたくて盗んだのではなくて、しょうがなくやったんじゃない?」という意見も出ました。

なるほど。
こういうシチュエーションは日常の中でも起こるのでしょうか?
実体験を踏まえた意見も聞くことができました。

最後に、2001年9月11日に起きた同時多発テロについて、当時の写真をスライドで見せながら紹介しました。
14年前というと、「えん」の子どもたちは生まれていない子がほとんどです。
私自身、当時小学生で、姉と一緒に夜更かししてテレビを観ていた時、画面が急に二塔のビルが煙を出している映像に切り替わり、驚きました。何が起きたのか分からない、でも、ただ事ではないという緊迫感を鮮明に覚えています。

今回、「カチカチ山」の物語からいろいろな意見が出ましたが、9.11とその後のイラク戦争についても、繋がる部分があることを感じてもらいたいと思い、このテーマを選びました。

「正義」とは何か?「かたき討ち」とは何か?
そんなことを、考えてらもうきっかけになったのではないでしょうか?

子どもたちは、自分の思いと意見を持っていて、一つのことについて多面的な見方ができ、他の人の意見からどんどんと議論を展開していけるということを、今回のワークショップを通して私は学びました。

次回からも、「話し合う」ということに着目して、ワークショップを進めていきたいなと思っています!
(報告:星)

2015年10月26日月曜日

「ソーシャル・アクション クラス」第1回レポート

こんにちは。事務局スタッフの八木です。
10月16日(金)にDEARでは初開催のプログラム「ソーシャル・アクション クラス~自分をソーシャルにする!開発教育ワークショップ~」がスタートしました!
第1回目のファシリテーターは近藤牧子さん&八木
「どんな人が応募してくれるだろう?」
「何人くらい集まるのか…?」
と、期待と不安で落ち着かない日々を送っていましたが、たくさんのお問合せとお申込みをいただき、最終的には16名のメンバーに落ち着きました。9つの異なる大学の大学生、20~40代の会社員や学校の先生など、多様なメンバーがそろいました。

第1回目は「仲間を知ろう、どんなソーシャル・アクションに興味ある?」をテーマに、じっくり互いに知り合い、自分を見つめるワークをやりましたので、その様子をレポートします。

まずは「ソーシャル・アクション・ビンゴ」を実施。
「ボランティアをしたことある?(どんな?)」
「SNSで社会的な課題や話題を紹介したことある?」
など、9つのアクションが書かれたビンゴ・シートをもって、該当する人を探しながらビンゴのマスを埋めていきます。質問し合うことで「へ~!そんな活動があるんだ」「どんな風にやったの?」など、ペアでの話が盛り上がります。そして、自分がこれまでにどんなことをやったことがあるのか、どう思ったのかもふり返る機会になりました。
続いて、自分を中心にした「社会相関図」を個人作業で描きました。真ん中に自分の名前を書き、「好きなこと」や「居場所を感じるもの・コミュニティ」をどんどん周りに書いていきます。友人や家族、趣味やバイト、仕事、意外な広がりもあったり…。

個人作業が終わったら、グループ内でひとりずつ、じっくり自分の「社会相関図」を紹介していくのですが、この、面白いこと!話し尽きずで、初めて会った間柄とは思えないほど。


そのあと、申込時にみんなが書いた「関心のあること」を貼りだして、見てみました。そして、自分の「社会相関図」を書いて、メンバーの関心や背景を聞いた今、あらためて「関心のあること」を3つ選び、付箋に書き「社会相関図」のうえに貼っていきます。

申込時から「関心」が変わった人、新しく関心を持ったことがあった人もいましたし、「やっぱりこのことに、こだわりたいと思った」と確認した人も。
申込時にみんなが書いた「関心のあること」
最後は、全員で円になり「今日のひとこと感想」を言って終わりました。
  • いろんな人がいて、いろんなことが学べそう。
  • これから5回で視野が広がりそうで、楽しみです。
  • 学校と家では会えない人たちに会えて、機会が広がった感じ。
  • 理系の人に囲まれていて、普段あまり社会的なことを話すことがない。ここでは、いっぱい話せそう!
  • 同じグループの方が言っていた「食べることは生きること」という言葉にぐっときた。
  • みんなのやる気がすごい。しばらく忘れていたけど、スタディツアーやワークショップに参加したくなった。
  • 農業やヒッチハイクをやってみたくなった!
  • みんなと話して、自分の感情がすごく動いた。自分とも向き合っていきたい。
  • みんなのバックグラウンドを聞くだけでも刺激になった。これから、たのしみ。
  • いろんな話を聞いて、自分と違うことを知っていてすごいなと思った。今日だけでも視野が広がった気がする。
円になって「ひとこと感想」をシェア
そして、次回の冒頭のアイスブレーキング担当者を参加者の中から募ったところ、ぱぱっと手が挙がって、あっという間に決定。「やったことないけど、挑戦してみたい!」とのこと。

また、宿題としてそれぞれに「とりくみたいテーマやアクション」を考えてきてもらうことにしました。次回も、楽しみです!
(報告:八木)

2015年10月22日木曜日

ちょこっと裏話…「15人の15歳と語る!15年後の世界と日本」中学生事前学習について

国会議員と中学生が語り合うイベント、「15人の15歳と語る!15年後の世界と日本~SDGsを通じて、2030年の未来を考えよう!~」にて、立派な提案を行った中学生15人でしたが、このような提案に至るまで、本当にたくさんの意見が出ていました



例えば、ジェンダー格差のチームは元々「貧困と格差」というテーマで考えていました。経済的な貧困の連鎖のキーワードは「思考の格差」ではないかという意見も出ていました。また、相対的貧困と絶対的貧困についても色々な意見が出ていました。

様々な議論の末、「将来はバリバリ働きたいけど、なんで女性の管理職がこんなに少ないの?」「育児休暇をとる男性がこんなに少ないのは何で?」という彼ら、彼女らなりの疑問をもとに今回の提案に至りました。

「意識の革新」がこれからの男女平等な社会には必要であると結論付けた生徒たちでしたが、話し合いの中で、「そしたら、みんなの意識の革新はもう行われているの?」と投げかけると、男子陣から「いや」と正直な一言。笑ってしまいました。自分たちの意識の革新のためには何が必要か、まだまだ考えることは沢山ありますね!

教育チームも、UNESCOの世界寺子屋運動をお手本に…ということで当初は、「教育ボランティアの普及」という項目だけを挙げていました。


ただ、「え、じゃぁ、誰でも先生になっていいの?そしたら街中の人に声かけて明日からなってもらう事も出来るよね?」という先生の言葉に、「先生になる人は、誰でもいいわけじゃない」と気づき、考え、「教員育成の強化」というキーワードも入れることにしたようでした。

エネルギー・チームも「エネルギーの国境を無くす!」というキャッチ―な言葉は出て来たものの、この言葉を具体的に説明しようとしたところで悩んでいました。


「でも、これって一つのことだけでは実現できないよね」
「エネルギー消費量の格差がすごいあるってことを伝えたいよね」
「将来なくなるエネルギーの消費量の格差をなくすっていうのでは意味がないよね、やっぱ再生可能エネルギーでしょ」
など、議論を交わした末の今回の提案でした。

また、中学生のみんながどれだけ一生懸命、この質問・提案を考えていたかが伺える出来事がありました。

イベントの1週間ほど前、事前に国会議員の方々に質問・提案の内容を見せるといった際の第一声は「なんで、ずるい!」でした。不意を突いた質問・提案をしたいと考えていた彼ら、彼女らにとって、事前に質問・提案の内容が分かってしまう事は非常に残念なことだったようです。

ただ、事前に質問の分野などが分かった方が、国会議員の方々に真剣に応えてもらえると先生方が説明したところ、なんとか納得してもらえたようでした。

あとで聞いてみたところ、国会議員の方々に言いくるめられてしまうのではないかと心配だったとのこと。どれだけ生徒たちがこの質問・提案に対して真剣に取り組んできたかを物語る一場面であったと思います。

8月末から話し合いの様子を見ていましたが、お邪魔するたびに生徒たちの考えが深まっていて、毎回驚かされていました。

そして、率直な意見交換の場であったグループでの話し合いは、個人的にとても面白く、表に出すために綺麗に整えられていない意見の中に、沢山の可能性を見させてもらいました。これからもこのような学びの場を持ち続けてほしいなと思います。
(報告:藤田)

2015年10月15日木曜日

国会議員と中学生が語り合うイベント「15人の15歳と語る!15年後の世界と日本」が開催されました!

こんにちは。インターンの藤田真理です。
最近は急に寒くなり、肌も乾燥し始め、冬の足音が聴こえてきそうですね。

さて、去る10月7日(水)15:30~17:00、国会議員と15歳の中学生が語り合うイベントが開催されました。その名も…「15人の15歳と語る!15年後の世界と日本~SDGsを通じて、2030年の未来を考えよう!~」

このイベントは、MDGs達成のために設立された市民社会ネットワーク「動く→動かす」がaction/2015の一環として企画・運営したもの。
2000年生まれ、2015年に15歳、SDGsが終わる2030年に30歳になる「MDGs/SDGs世代」の15人(中学3年生)が国会議員と「15年後の世界と日本がどうなっていてほしいのか」について語るものでした。
DEARは「15人の15歳」の事前学習をお手伝いして来ました。
彼/彼女らは埼玉県上尾市にある、公立上尾東中学校の中学3年生。
この学校は今年度より、文科省の研究開発学校に指定され、グローバルシティズンシップ科を導入しています。その一環として今回のイベントへも参加して頂きました。
生徒さんたち、7月からの約3ヶ月間、一生懸命準備をしてきました。
なんと、夏休みを返上して集まったこともあったとか!

事前学習を見てきて思ったことは、「自主性」があるということ。
何も言わずともチームで集まって話し合いを重ねていたようです。
チームは全部で3チームあり、それぞれのテーマは「エネルギー」「教育」「格差」でした。
彼らの話し合いに同席させてもらっていると、こちらも「おぉ、そうきたか!」と思わされる場面に数多く遭遇し、非常に面白かったです。

イベント当日。
内閣の組閣日とかぶったため、国会議員の方々の参加がふるわないのではと心配されましたが、蓋を開けてみれば19人の国会議員と15人の15歳の語り合いが実現しました!100人を超えるオブザーバーの方も参加し、非常に熱のあるイベントになりました。
こんなに沢山の国会議員の方が参加して下さったNGO系のイベントは珍しいとのこと!素晴らしい!
中学生の質問・提案はかいつまんでの説明ですが、それぞれ…

【教育】
教師の数が足りていない現状に対し、教育ボランティアの普及と教員養成の強化を提案。
日本を含め、世界で、なぜ軍事費を教育費に充てられないのか。その先駆けとして日本が軍事費を減らし、教育援助費に充てたら良いのではないか。
教育チームの2人と「教育ボランティアの普及と教員育成の強化」のスケッチボード
【エネルギー】
「エネルギーの国境をなくすこと」がこれからの課題ではないか。そこには2つの意味がある。1つ目、未来のこと考えてクリーンエネルギーの開発に世界全体で(貧しい国も)資金を出し合い協力し合うことが必要。その際に日本もODA総額とその中におけるクリーンエネルギー開発充填額を増やすべき。
2つ目、世界で技術を共有すること。特に、途上国に中古の太陽電池を届け、技術移転の一歩とするのはどうか。日本の負担するコストを減らしつつ、新しいごみも出さず、夜間の作業を可能にすることにより技術移転の可能性が広がるのでは?

【ジェンダー格差】
男女が平等に仕事と家庭を両立できる社会になって欲しい。そのためには組織のトップから女性の大変さを体感・実感し、考え方の革新を図る必要があるのではないか?

みんな堂々と自分たちの準備の成果を国会議員の方々に対して伝えていました。そして、この中学生の真剣な質問に国会議員の方々も真剣に応えてくださいました
事前に中学生の質問を国会議員の方々には配布していたのですが、しっかりと目を通してきてくださった様子も受け答えからも伺えました。
それだけでも中学生には「自分たちの意見は聴いてもらえる」という自信に繋がったのではないかと思います。 

教育チームは、世界の軍事費と教育費をテープで示すというデモンストレーションを行ないました。その際、会場から拍手が起こり(!)、その後の国会議員の回答では、「軍事費に関しては、そんなに簡単に減らせるものではないという回答を準備してきたが、このデモンストレーションを見て、そんなことは言えないと思った。では、軍事費を減らすには具体的にどうすればよいのか、そこが問題。もっと調べて、一緒に考えていけたらと思う」という、真摯な回答をしてくださいました。
教育チームの世界における軍事費と教育費の比較デモンストレーション。左の黄色いテープが教育費、長いオレンジ色のテープが軍事費。
また、エネルギーチームの中古の太陽電池に関しては、「地元企業に実際に提案してみようと思います!」と宣言してくださった方もいらっしゃいました。その言葉を聞いた中学生の顔が、一瞬にして輝き「やった!!」という表情を見せていたのが印象的でした。
イベントの記念に写真撮影。中学生、国会議員の方々、関係者の方々と
写真撮影後、中学生たちは国会議員の方々と直接話し合っていたようです。
8月頃、このイベントに参加した動機を聞いたところ、
「国会議員に会えるから!自分の考えを直接伝えられるから!」
といった意見が多かったことを考えると、彼らの目的はしっかりと果たされたのかな、と思います。

イベントの全てを終え、休憩室に戻り、関係者と中学生だけで感想共有も行ないました。
関係者からは、
「素晴らしかった、これからも一緒にがんばりましょう」
「感動して、涙腺が崩壊しました」
「これをきっかけにもっと色んなことに興味関心を持って欲しい」
「自分も、もっと学ぼうと思いました」
「君たちの役目はしっかりと果たしてくれた、ありがとう」
などの意見が聞かれました。

その中には、この日の中学生の提案を受け、
「自分は子どもが出来たら育休を取ることをここに約束します!!」
と宣言した方も。

一方、中学生も
「一人一人が頑張ったからこその成功。このメンバーでやれて、よかった」
「色々な方の支えがあったことに感謝したい」
「本当に貴重な機会だった。これを活かして行きたい」
「最初は自分たちの話なんて聞いてくれるかと思ったけど、聞いてくれて嬉しかった。自分たちにも可能性があることが分かった」
「男子も今日から皿洗いしよう!」
などの感想がありました。

色んな学びがあったようですね。
この学びは、もちろん、生徒たちだけで作りあげたものではありません。
生徒たちを日頃から見ている先生方の存在があってこそ!
事前学習の中でも、生徒たちの考えを引き出すような問いやアドバイスなど、先生方の力を目の当たりにしました。

中学生のみんなににとって、このイベントに関わったことが社会と関わりを持つことに対する「自信」や「勇気」になったらなと願っていますし、密かに信じています。

そして、このイベントに参加した国会議員の方々を始めとした「大人」の皆さんにも15年後の未来を考え、行動に移すきっかけとなっていればと思います。

「動く→動かす」とは
ミレニアム開発目標(MDGs)を達成し、貧困問題を解決するために2005年に発足した世界的な市民社会ネットワークGCAP(Global Call to Action Against Povertyの略。ジーキャップ)。世界131ヵ国にまで広がるこのネットワークの日本版として設立されたのが、「動く→動かす」です。現在、途上国の貧困問題解決に取り組む日本のNGOが70団体以上参加しています。

(報告:藤田)