2年目の「学びあいフォーラム」フェーズ2を開催

こんにちは。
ここ3週間はボランティアからインターンに変身しています、高階(たかしな)です。

7月22日(土)、「持続可能な社会・地域づくりのための学びあいフォーラム」(以下:学びあいフォーラム)のフェーズ2を富坂キリスト教センター1号館で開催しました。
フェーズ1の様子はこちら


今年度はパートナー団体として、大牟田市社会福祉協議会、とよなかESDネットワーク、にいがたNGOネットワーク国際教育研究会、八王子市民のがっこう「まなび・つなぐ広場」、IVYyouthの5団体が参加しています。



まずは前回フェーズ1のふりかえりからはじめます。一番印象的だったことや、気持ちがクリアになったこと、しっくりこないことなどを思い出して発表しました。

参加者からは‥
  • 自分たちの行っている活動を、他の地域の人から評価してもらえたことで、より自分たちの活動が明確になった。
  • 豊かさと開発のワークショップを通して、それぞれの立場、地域によって選ぶ豊かさの基準が違うので、地域によって考え方が違うということに気づいた。
  • ほかの団体から活動の目的がわかりづらいといわれて、自分の中ではっきりしているつもりだったけど、実は明確ではなかったんだなというショックと気づきがあった
‥などの声が。普段会っている仲間とは違う、他地域からの参加者の声で新たな気づきが生まれたようでした。

次に、各団体が取り組んできた「宿題」発表です。フェーズ1からフェーズ2までの間、各団体が考えたビッグビジョン(どのような社会や人の状態を目指しているか)、ミッション目指す状態(誰が/何が○○な状態)を共有します。


きっとみなさんも団体で活動していると「この活動はそもそもなんではじめたんだっけ?」「なんのためにやっているんだっけ?」と思った経験が少なからずあると思います。団体としての大きなビジョンを再認識することで、これからの活動の位置づけを再認識、そして活動を行う「地域」とのかかわり方を再考していくというねらいがあります。

お昼ご飯は八王子市民のがっこう「まなび・つなぐ広場」の大野さんがおいしいランチを提供してくれました。(本当においしかった!)


午後は各団体の活動計画のさらなる具体化と、その活動を評価するための指標づくりをおこないました。例えば「魅力的な街にする」といった場合、なにをもって「魅力的」とするのか。訪問者の数の増加、取り組みに賛同する個人、商店、団体の増加など、抽象的な「魅力的」も具体例におとすことで評価指標に早変わりします。



今後はこれまでに考えた活動計画に基づき、実際に行動を実施(フェーズ3)、ふりかえりと共有(フェーズ4)を行っていきます。各団体の今後に注目です。
(報告:高階)

コメント

人気の投稿